【会見速報】水中用ドローンがここに集結! CFD販売が5社の新製品を発表

 シー・エフ・デー(CFD)販売は8月24日、都内でドローンメーカー5社を交えた水中用ドローンの合同製品発表会を開催し、Robosea、Youcan Robotics、Vxfly、QYSEA、CHASINGの5社から新製品がそれぞれ発表された。いずれの製品もCFD販売のウェブサイトで購入できる。
 まずは、Roboseaがワイヤレスコントロールが可能な「BIKI」を披露。通常、Wi-Fi電波は水中に届かずワイヤレス操作が困難だったが、BIKIはコントロール信号を超音波に変換して受信することで水中での操作を可能にした。しかも、4Kで撮影できて最大潜水深度が60m。8月中旬に発売しており、税別の販売価格は8万9000円。
 続いて、Youcan Roboticsが「BW Space」を発表。BW Spaceは、自動追尾撮影と画像認識技術を用いて0.5~5mの水中撮影人物を識別し、自動追尾しながら撮影することができる。また、ライトの自動調節とライブ配信機能を搭載。こちらも4K撮影が可能で、最大潜水深度が100m。
 次に発表されたのは、Vxflyの「CCROV」。主に産業用ドローンとして開発されており、河川やダムの点検・検査業務での利用がメインだ。六つのスラスターによって、上下、左右、真横移動が可能。バッテリ駆動時間は1時間だが、撮影ユニットとバッテリを分離したことで撮影ユニットを水中に潜らせたまま、地上でバッテリを交換できる。最大潜水深度は100m。価格はオープンで、税別の実勢価格は43万円前後の見込み。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ドローン」に関する記事

「ドローン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ドローン」の記事

次に読みたい「ドローン」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク