初のeスポーツドラフト会議、プロ野球12球団がパワプロでペナントレース

初のeスポーツドラフト会議、プロ野球12球団がパワプロでペナントレース
当日の会場の様子
 日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメント(コナミ)は、プロ野球12球団のeスポーツ選手を決める「eBASEBALL ドラフト会議(eドラフト会議)」を9月29日に開催した。各球団がそれぞれ3人を指名。選手は、所属球団のeスポーツチームとして「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」に臨むことになる。

 「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」は、コナミが無料で配信しているPlayStation4用ゲームソフト「実況パワフルプロ野球 チャンピオンシップ2018」を使ったeスポーツリーグ。NPBとコナミは、老若男女や障がいの有無に関わらず誰でも参加できるeスポーツに取り組むことで、野球ファンの裾野拡大を図る。
 eドラフト会議でNPBのセントラル・リーグ6球団とパシフィック・リーグ6球団のプロ野球全12球団に登録された36人は、7月30日のオンライン予選と、その後の西日本・東日本オフライン予選、面接を経て選ばれたeスポーツ選手。オンライン予選には、総勢7623人が参加した。
 11月10日から、「セ・リーグ」「パ・リーグ」に分かれて、「eBASEBALL ペナントレース」が開幕する。試合の様子は公式サイトで生中継する予定だ。当日の会場では、プロ野球のドラフト会議さながらの緊張感の中、各球団のOBや球団マスコットなどが選手を指名したという。
 選手には、プロモーションに協力する報酬として総額1200万円を支払う。なお、eドラフト会議の様子を収めた

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る 2018年10月1日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。