「パソコン、もっと使いやすく」に込められた創業者の思い

「パソコン、もっと使いやすく」に込められた創業者の思い
メルコホールディングスの創業者・牧誠氏
【喜びの原点・3】 1987年3月12日に撮影された一枚の写真に笑顔で写るのは、メルコホールディングスの創業者・牧誠氏。82年に発売したプリンターバッファー「PB-32」が顧客から大きな支持を得て大ヒットし、会社の稼ぎ頭の事業になった頃だ。撮影から1カ月後の4月に、メルコで初めてのコーポレートステートメントとなる「パソコン、もっと使いやすく」が定められた。

 撮影当時の牧氏は39歳で、社員数約20人、年商26億円(87年7月期)の小さな会社だったが、ここから売上高は年々急増していく。わずか5年後の92年3月期には売上高約150億円、従業員数131人の規模にまで急成長し、PC周辺機器メーカーとしての確固たる地位を築いた。
 87年4月に定めた「パソコン、もっと使いやすく」というコーポレートステートメントは、まさに、その後の快進撃につながるきっかけとなる「喜びの原点」だったといえるだろう。メルコグループ40年の技術を伝承する『技術伝承ブック Vol.2』のなかに、当時の思いがつづられている。
 86年にRAM(ランダム・アクセス・メモリー)ディスクを実際に体験した牧氏は「なんて便利で快適なのか!」と驚き、その高速なデータアクセス性能に魅了されたという。RAMとは、OSに対して仮想的なディスクドライブのようにみせるもの。
 当時はまだ磁気媒体のフロッピーディスクでデータにアクセスするのが主流だったが、その書き込みや読み出しスピードが遅く、ユーザーのストレスとなっていた。ところが、半導体レーザーによる光の反射でデータを読み書きするRAMディスクは、圧倒的に速いデータアクセスを可能にしたのだ。

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る 2018年10月1日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。