460作品の登録で過去最高を更新、U-22プログラミング・コンテスト2018

460作品の登録で過去最高を更新、U-22プログラミング・コンテスト2018
過去最高の応募となったU-22プログラミング・コンテスト2018
 2020年から小学校教育で必修化になることもあり、プログラミングへの関心が急速に高まっている。10月21日に東京・港区のTEPIA先端技術館で、第39回「U-22プログラミング・コンテスト2018」の最終審査会が開催。事前審査に応募した作品数が460作品(前年比27.9%増)、参加者総数が1581人(同33.7%増)と、昨年の344作品、1236人を大きく上回り、3年連続で過去最高を更新した。7月1日~9月5日に応募した作品は、10月上旬に実施した1次審査会を経て、最終的に16作品が最終審査会に進んだ。

 冒頭のあいさつで実行委員長を務めたコンピュータソフトウェア協会(CSAJ)の青野慶久副会長(サイボウズ社長)は「昨年も過去最高の応募数だったが、そこからさらに3割近く伸び、ビッグウェーブが起きている。本日の最終審査会に残った16作品を制作した方々は、1割を切る選ばれし人たち。ここにくることだけでも大変、素晴らしいこと」と、難関を突破して最終審査会まで進んだことを讃えた。
 U-22プログラミング・コンテストは、すぐれた人材の発掘・育成を目的に、22歳以下の若者を対象に開催するプログラミングのコンテスト。前身は1980年から経済産業省が主催の「全国高校生・専門学校生プログラミング・コンテスト」「U-20プログラミング・コンテスト」で、2014年に民間に移行し、運営事務局がCSAJに移った。対象年齢も、22歳以下に年齢が上がった。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。