メルカリがイギリスから事業撤退、株価は年初来安値を更新

メルカリがイギリスから事業撤退、株価は年初来安値を更新
市場開拓に苦戦……わずか1年9か月で英国市場から撤退
 メルカリは12月18日、英国の子会社Mercari Europe LtdとMerpay Ltdの解散と清算、それに伴う特別損失計上について発表した。

 同社は2015年11月にMercari Europe Ltdを設立。メルカリのサービスを17年3月に開始した。それから1年半、日本や米国で培ったノウハウの移管と「Mercari」のマーケットプレイス拡大を推し進めてきたが、営業損失は18年6月期の単体決算で730万8000ポンド(約10億4000万円)まで拡大。市場開拓に苦戦し、事業撤退を余儀なくされた。メルカリは英国以外では米国で事業を展開しており、そちらの事業は今後も継続する。
 なお、子会社の解散により19年もしくは20年6月期の連結決算で2億円前後の拠点閉鎖に伴う諸費用などは発生する見込み。関係会社株式評価損は両社合わせて約14.4億円(Mercari Europe Ltdが約13.5億円、Merpay Ltdが約0.9億円)で、19年6月期以降に税務上許容され、法人税などが軽減される見通しだという。
 18年6月19日に東京証券取引所マザーズに上場したメルカリの株価は上場初日に公募価格の2倍の6000円まで上昇したが、それを最高値に下落。10月には公募価格だった3000円を割り、英国からの事業撤退を発表した12月18日には2097円と年初来安値を更新した。
【関連記事】
メルカリ初のシニア座談会、取引成立率が若者より高い理由が明らかに
中古スマホ取引の不安をサポート、メルカリの「あんしんスマホサポート」
メルカリが上場後初の決算発表、巨額赤字も強気の理由
メルカリ・エフェクトの経済効果は約752億円、リペア産業に追い風
メルカリ上場後の戦略は? 「目指すのはAmazonやGoogle」

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. メルカリ 株価
BCN+Rの記事をもっと見る 2018年12月18日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「メルカリ + 株価」のおすすめ記事

「メルカリ + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら