「赤ら顔」の原因って?皮膚科医直伝のスキンケア対策で克服せよ!

「赤ら顔」の原因って?皮膚科医直伝のスキンケア対策で克服せよ!
拡大する(全1枚)

寒い時期は顔が赤くなってしまう「赤ら顔」に、悩む人も少なくないのでは? 実は寒暖差のほかにも、顔が赤くなる要因はさまざまあるのだとか。今回はその原因と自分でできる簡単な対策を、美容皮膚科シロノクリニック恵比寿本院の中川桂副院長に教えてもらいました。

赤ら顔の原因は「毛細血管拡張症」!?

赤ら顔の原因のひとつに「毛細血管拡張症」が考えられます。これは皮膚の下にある「毛細血管」が拡張して顔が赤く見えたり、血管が透けて見えたりする症状のこと。では、なぜ毛細血管拡張症になってしまうのでしょうか。

毛細血管拡張症になる4つの原因と対策

赤ら顔を引き起こす「毛細血管拡張症」の原因と対策はこちら。

原因①皮膚の薄さ

毛細血管は真皮層にあるので、表面の皮膚が薄くなると透けて見えてしまいます。角質層が外部からの刺激を受けるなどして肌の水分が不足すると、キメが乱れます。そうすると肌に厚みがなくなり、角質層が十分な役割を果たせなくなるため、血管が透けて見えやすくなります。

【対策】
スキンケアでの保湿はもちろんのこと、体内への水分補給もしっかりと行うようにしましょう。

原因②寒暖差

屋内外の寒暖差によっても、毛細血管拡張症になることがあります。私たちの身体は、気温が低い屋外では、血管が収縮することによって皮膚温度の低下を防いでいます。しかし、顔といった末端のパーツの場合は長時間低気温にさらされると血管収縮ののち次第に拡張してしまい、持続的に赤みが出てしまうことがあります。そして暖かい室内に入ると、血管がさらに拡張し「赤ら顔」になってしまうのです。特に寒い地域の方は、慢性的な寒さから守るため顔の血管が常に拡張しようとして「赤ら顔」になりやすいことも。


当時の記事を読む

Daily Beauty Naviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スキンケア」に関する記事

「スキンケア」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スキンケア」の記事

次に読みたい「スキンケア」の記事をもっと見る

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク