【9年制学校?】「義務教育学校」増加で教員の働き方は改善されるか

【9年制学校?】「義務教育学校」増加で教員の働き方は改善されるか
拡大する(全1枚)

【9年制学校?】「義務教育学校」増加で教員の働き方は改善され...の画像はこちら >>



■「義務教育学校」が増加傾向にある

 義務教育学校の数が増えてきている。8月25日に文科省が公表した「学校基本調査(速報値)によれば、昨年度より32校が増えて、今年度は126校になっている。
 小学校課程から中学校課程までの義務教育を一貫して行うのが義務教育学校であり、2016年4月に学校教育法の一部が改正・施行され、新たな校種として位置付けられている。16年度には公立の義務教育学校が22校だったが、翌17年度には国立で2校、公立で46校の合計48校だった。それが126校になったのだから、急速に増えてきていると表現しても差し支えないだろう。



 学校教育法の一部改正・施行に先立って、文科省は「義務教育学校制度(仮称)について」という資料を2011年に作成している。そこで義務教育学校について、「現行の小・中学校の課程に相当する課程を併せ持ち、義務教育として行われる普通教育を一貫して施す9年制の学校を想定している」と述べている。
 そして、中央教育審議会答申『新しい時代の義務教育を創造する』(2005年10月26日)の指摘を掲げている。中央教育審議会の答申で指摘を受けて、義務教育学校を設立しようとしているというわけだ。言うまでもなく、答申のベースをつくったのは文科省である。



 答申は「義務教育を中心とする学校種間の連携・接続の在り方に大きな問題があることがかねてから指摘されている」ので制度の見直しが必要だ、としている。そして次のように続いている。
「また、義務教育に関する意識調査では、学校の楽しさや教科の好き嫌いなどについて、従来から言われている中学校1年生時点のほかに、小学校5年生時点で変化が見られ、小学校の4~5年生段階で発達上の段差があることがうかがわれる」
 だから、「設置者の判断で9年制の義務教育学校を設置することの可能性やカリキュラム区分の弾力化など、学校種間の連携・接続を改善するための仕組みについて種々の観点に配慮しつつ十分に検討する必要がある」というのだ。


当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク