【福井「地名」ケンミン性】柴田勝家が開いた北ノ庄「福居」から元禄時代に「福井」へ《47都道府県「地名の謎」》

【福井「地名」ケンミン性】柴田勝家が開いた北ノ庄「福居」から元禄時代に「福井」へ《47都道府県「地名の謎」》
拡大する(全2枚)

 日本の地名は世界でも稀に見るほどバリエーションが豊富。
 地名の由来を探ると、多様な地形、自然を愛でる表現性、ふるさとを思う民俗性など、この国の原点が見えてくる。
 読者のみなさんの故郷はどちらですか? 地名は・・・?
 日本人ならなぜか初対面でも話が弾む出身地・県民性・そして地名雑学‼️
 ようこそ! 地名の奥深い世界へ‼️



■信長の家臣・柴田勝家が開拓

《福井県の由来》
信長の家臣・柴田勝家が開拓

 福井の町を開いたのは織田信長の家臣・柴田勝家で、この地に北ノ庄城を築城した。関ケ原の戦いののち、徳川家康の次男・結城秀康が入封すると、2代・忠直を経て、3代藩主となったのが忠直の弟・忠昌。このとき「北ノ庄」という名称は、「北」という字が「敗北」につながるという理由から改称され験かつぎから「福居」となる。
 「福居」が「福井」に変わったのは元禄年間(1688~1704)のことで、現在の地名の由来となっている。



《地名の由来》



◉鯖江(さばえ):鯖の尾に似た伝説の矢

 武生盆地の北部に位置する商工業都市、鯖江。
 崇神天皇の御世に、大彦命(おおひこのみこと)が賊を平定するにあたり、空から鯖の尾に似た矢が落ちてきて敵を倒したことから、この地を「鯖矢」と呼んだという伝説が残る。
 盆地という地形から、「沢の江」に由来する地名とも考えられる。



◉敦賀(つるが):額に角がある人が来訪

 『古事記』に「角鹿(つぬが)」として登場しており、額に角がある人物がこの地に停泊した、あるいは朝鮮半島から「 都怒我阿羅斯等(つぬがあらしと)」が渡来したとも伝わる。和銅6(713)年、「敦賀」に改められた。


この記事の画像

「【福井「地名」ケンミン性】柴田勝家が開いた北ノ庄「福居」から元禄時代に「福井」へ《47都道府県「地名の謎」》」の画像1 「【福井「地名」ケンミン性】柴田勝家が開いた北ノ庄「福居」から元禄時代に「福井」へ《47都道府県「地名の謎」》」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク