【黒田官兵衛・長政ゆかりの備前福岡】「福岡」の由来は福岡城、「岡山」にあり!《47都道府県「地名の謎」》

【黒田官兵衛・長政ゆかりの備前福岡】「福岡」の由来は福岡城、「岡山」にあり!《47都道府県「地名の謎」》
       
 日本の地名は世界でも稀に見るほどバリエーションが豊富。
 地名の由来を探ると、多様な地形、自然を愛でる表現性、ふるさとを思う民俗性など、この国の原点が見えてくる。
 読者のみなさんの故郷はどちらですか? 地名は・・・?
 日本人ならなぜか初対面でも話が弾む出身地・県民性・そして地名雑学‼️
 ようこそ! 地名の奥深い世界へ‼️
 今日はみなさんとともに福岡県の「地名」の旅です。■「福岡」と「博多」の軋轢

修験の場でもあった英彦山。中腹には英彦山神宮奉幣殿、山頂には上津宮がある。" />



《福岡県の由来》「福岡」の由来は「岡山」にあり

 慶長5年(1600年)に筑前国の領主となった黒田長政は、現在の福岡市中央区に新たな城を築く。そして、完成した城には、黒田家にゆかりのある備前福岡(現在の岡山県瀬戸内市長船町福岡)から名前をとって「福岡城」と名づけた。



 ただ歴史的には博多の地名の方が古く、呼称に関して様々な論争が起きた。「博多」の名称は、「博多大津」として『続日本記』に登場しており、鳥が羽を伸ばしたような地形である「羽形」、あるいは「泊潟」が由来など諸説ある。



《地名の由来》◉英彦山(ひこさん)天照大神の子が御祭神

 山形の羽黒山、和歌山の熊野大峰山とともに日本三大修験山のひとつ。当地に鎮座する英彦山神宮は、天照大神の御子の天之忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)が御祭神であることから「日の子」、すなわち「日子山」と呼ばれた。


あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月21日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。