不登校、引きこもり、高校中退…今だから話せる「当時の私が期待していたこと」【沼田和也】

不登校、引きこもり、高校中退…今だから話せる「当時の私が期待していたこと」【沼田和也】
拡大する(全2枚)

内閣府の調査で、15~39歳の引きこもりは推計54万1千人を上回っていた(2019年調査)。そして今、このコロナ禍のなかで不登校や引きこもりが急増していると噂になっている。そこで自身も高校生時代に不登校から引きこもりになり、高校を中退した『牧師、閉鎖病棟に入る。』の著者・沼田和也牧師が、今だから話せる「当時自分が期待していたこと」を赤裸々に語った。そんな悩みを抱える子どもたちと接する大人へのアドバイスにもなっているかもしれない。また、教会に相談しにくる人たちは当時の自分が出口を求めて彷徨っていた姿に重なってみえることもある、と沼田牧師は語る。





 



 ツイッターの言葉を読むのが好きだ。どこの誰の呟きとも分からない、悲しみに満ちた言葉が流れてくる。怒りに血涙を流しながら、誰かを呪う言葉も流れてくる。そういう言葉を読んでいると、まるで聖書の続きが綴られているような気さえすることがある。 



 わたしは高校1年生のクリスマスに、キリスト教のなにも知らないうちに、気分で洗礼を受けた。世のなかもバブル絶頂期だったからなのかもしれないが、わたしも十代ながらも浮かれていたと思う。なにかのアイデンティティを持っているということがカッコイイ。そういうファッションの一つとして、洗礼を受けたのかもしれない。もうぼんやりとしか想いだせないが。



 高校3年生になって、とつぜん学校に行けなくなった。わたしは前年の夏、『魔女の宅急便』を劇場に観に行ったことを想いだした。映画館は激混みで、当時は座席指定などなかったため、客が入れ替わる瞬間、わたしはかばんを椅子めがけて投げた。残念ながらかばんは通路に落下した。そのすぐそばにいたカップルに、わたしは大声で叫んだ。「かばんを席に置いてください!」かくして、わたしはどうにか座って『魔女の宅急便』を観ることができたのである。まわりを見渡すと、立ち見の客ですし詰めであった。


この記事の画像

「不登校、引きこもり、高校中退…今だから話せる「当時の私が期待していたこと」【沼田和也】」の画像1 「不登校、引きこもり、高校中退…今だから話せる「当時の私が期待していたこと」【沼田和也】」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク