河野太郎とダニング=クルーガー効果【適菜収】

河野太郎とダニング=クルーガー効果【適菜収】
拡大する(全1枚)

 



 前回(第1回)でも説明しましたが、この連載時評は隔週で行いますので、基本的には直近2週間に発生した出来事を扱います。しかし、これまでこの形式で書いていた『ZAITEN』の連載から少し時間が開いてしまったので、今回はそれ以前の話も取り上げます。



    *



 河野太郎が自民党総裁選に正式に出馬表明(9月10日)。「調整力においても優れているのではないかと自負している」と自画自賛を繰り返した。調整力がないことが、自民党の中でも問題になってきたのにね。



「ダニング=クルーガー効果」とは、能力の低い人が自分の能力を過大評価するという認知バイアスについての仮説である。



 一方、河野のブログは「ごまめの歯ぎしり」というらしい。「ごまめの歯ぎしり」とは、実力のない者が、いたずらに苛立ったり悔しがったりすることのたとえ。



 自覚があるのか、ないのか、一体どちらなのか?



    *



 河野がツイッターでブロックばかりしているという記事を見かけたので、河野のアカウントを見に行ったら、私もブロックされていた。なにかを書き込んだわけでもないのに。こういうことに関しては仕事が早い。



 記者からの問いは「次の質問どうぞ」で完全スルー。ツイッターの国民の声は次々とブロック。そんな河野が目指すのは、「皆さんの思い」を受け止める政治なんだって。



    *



 自民党総裁選。どれを選ぶか、ほとんど罰ゲーム状態。



 高市早苗もしゃれにならない。2014年9月にはネオナチ団体代表とツーショット写真を撮っていたことが発覚。高市は「思想信条が分かっていたら、会いもしなかったし、写真も撮らなかった」と釈明したが、過去にナチス礼賛本『HITLER ヒトラー選挙戦略』に推薦文を寄せていたことが発覚。総務相だった16年には「国は放送局に対して電波停止できる」と国会答弁していた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク