コロナ禍についての評論を当ウェブで配信してきた元芸人の作家・松野大介氏。この2年半のコロナ煽り報道を総括する小説『インフォデミック コロナ情報氾濫』を今月刊行した。今回は〝政治の対策と、メディアの報道は変わるのか?〟の論考だ。







 《東京都、新たに3621人の感染発表 13日連続で前週同曜日上回る 前週同曜日から1208人増加 2日連続3000人超 東京都は警戒レベル引き上げ》



 東京都では6月半ばより新規感染者増加のニュースが目立ってきた。



 《東京都・コロナ感染者数の平均が5週間ぶりに増加 関係者「ぶり返しつつある」》



 第6波までの例からこの先も増加すると予測されるが、世論が大きく変わったことは、上のネットニュース版のコメント欄から伺える。



「とりあえず、医療体制って改善されたんでしたっけ?それと、今までの感染原因などの分析とそれをどう対応すべきだったかなどのフィードバックなど。」



「もういい加減に感染者数よりも症状を見ないと行けないと思う。つまりほぼ症状がないとか普通の風邪レベルの方は除いて、重症化している人を対象に対策を考えていくべきでしょう。」



「マスコミも感染者数だけを報道するのではなく、医療体制の整備状況やワクチン、治療薬の状況などその後の対策の進み具合も報道して欲しいです。」



「そりゃ増えたり減ったりはするでしょう。今までもそうだったし。というかいい加減そろそろ5類に引き下げてもらえませんかね。色々と緩和しているのに矛盾してませんか?」