「在宅介護は愚かな選択。施設介護が正解」そんな断定意見への違和感

■誤解された医師の発言

連載「母への詫び状」第四十二回〉

 前回の内容について、誤解を招いた箇所があるようだ。

 身体の自由が利かない母を自宅で介護することになったぼくに対して、「君がいれば大丈夫ですよ」と言った医師の発言が、批判の対象になっている。

 読者の中には、この連載をずっと読んでくれている人もいれば、たまたま前回の記事だけを目にした人もいるだろう。毎回、状況を説明するわけにはいかないから、言葉足らずになってしまう場合がある。

 担当医の「君がいれば大丈夫」を、ていねいに説明すれば、以下のようになる。
「お父さんの介護も経験し、今は24時間、お母さんのそばについていてあげられる君がいれば、大丈夫ですよ。君は介護サービスの使い方もわかるだろうから、それらを利用して、ぼくら病院の医師や看護師も協力するから、がんばって」
 医者が、患者を家族に放り投げたわけではないし、無責任な発言をしたわけでもない。ここは補足しておきたい。

■「母を息子ひとりで自宅介護」への非難

 父の葬儀やら、遺産相続の手続きやら、煩雑な作業を終えると、母の介護に専念する日々が始まった。

 母はがんのステージ4の診断を受けており、抗がん剤の服用や、月に数回の病院通いをしながらの在宅介護生活だった。

 しかし「母を息子ひとりで自宅介護しました」と言うと、なぜか非難に近い反応をする人も時々いる。

「素人が介護なんてするもんじゃない。いつか共倒れになる自殺行為だ」
「なぜ介護保険や福祉サービスを利用しないんですか。調べればたくさんあるのに」
仕事はどうしたんですか。辞めたんですか」


あわせて読みたい

気になるキーワード

BestTimesの記事をもっと見る 2019年5月23日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。