何をやっても勝てる安倍内閣を支える民意

何をやっても勝てる安倍内閣を支える民意
写真・図表:BEST T!MES
◆何をやっても勝てる安倍内閣

 7月21日に行われた参議院選挙は、自民党と公明党の与党が改選議席の過半数を獲得して勝利を収めました。
 ただし憲法改正に前向きな姿勢を示す、いわゆる改憲勢力の議席数は、発議に必要な3分の2を割り込むことに。
 わが国の野党は、55年体制のころから、憲法改正を阻止するだけの議席を保つことを最大の目標としてきましたが、それは達成されたわけです。
 とはいえこの結果、考えてみればスゴい話。
 

 2019年に入り、経済は冷え込みの色を強くしています。
 4月~6月期のGDP速報値(季節調整値)が、前期比0.4%増で「想定外の伸び」と評されるくらい。
 実質賃金は2019上半期を通じて、前年同月を下回りました。
 とかく成果を強調したがる政府の景気判断すら、良くて据え置き、悪ければ下方修正です。


GDP1.8%増、消費堅調で想定外の伸び 4~6月年率」
景気判断6年ぶりに「悪化」、一致指数、外需が低調」 
6月実質賃金は前年比0.5%減、物価高止まり響く=毎月勤労統計
景気判断据え置き=生産は上方修正-月例報告

 

 しかも10月には消費増税が待っている。
 8%を10%に引き上げるというと「2%増」という感じですが、これはあくまで税率の話。
 10÷8=1.25なので、税金自体は今までより25%増えるのです!

 普通ならこれだけで、与党は敗北か、少なくとも大苦戦してしかるべきところ。
 そのためでしょう、6月ぐらいまでは「消費増税の凍結を宣言したうえで、ダブル選挙にでも打って出ないことには、与党(わけても自民党)は負けるのではないか」という観測がありました。
 しかし総理は消費増税を撤回せず、衆院も解散しないまま選挙に臨む。
 それでなお、これだけの議席を獲得できるのです。


あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る 2019年8月14日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。