異邦人コレクターが語る“SHUNGA”の世界

《徒いたずらに性欲を刺激する》猥褻な『春画』は刑法175条で禁じられた「猥褻図画」に当たる。だが、大英博物館の春画展に協力したシャガンさんは「春画は人生を幸せにしてくれる」と語る。(『一個人』2019年10月号 より)
異邦人コレクターが語る“SHUNGA”の世界
葛飾北斎『合わせ鏡』 文政5年(1822)/北斎は春画も 多く手掛けた。平安貴族らしき男女の絵だ。一目で魅了された歌川国貞の春画

「私が日本に来て、今年で30年になります。もともと浮世絵を集めていたん
ですが、26年前、千駄木に住んでいたころ、池袋にあった画廊の店主に“シ
ャガンさん、春画に興味あります?”と、奥の部屋でこっそり見せてもらったのが春画との出会いです」

異邦人コレクターが語る“SHUNGA”の世界
オフェル・シャガンさん/Offer Shagan 古美術研究家。イスラエル出身。1989年の来日以来、東南アジア、インド、モンゴル、日本などの美術品コレクションを多数所有。東京やイスラエル、イギリスなどの美術館に寄贈もしている。著書に『ニッポンの春画百科 上巻・下巻』(平凡社)、『わらう春画』(朝日新聞出版)など。 https://shungacollection.com/

 それが、歌川国貞の色摺大本である『四季の詠ながめ』(文政12年/1829)だった。
「女性が男の帯を引っ張っている、すごくきれいな版画でした。ヨーロッパ
のポルノとは違って、女性の表情が生き生きしていて、恥ずかしがっていな
い。オープンな感じが魅力的でした」
――桜紙を咥えた女性は、困った顔の男性の帯を引いて“よう、もっと”と
せがんでいる様子。二人の着物はもとより、乱れた箱枕、豪華な布団、蒔絵
造りの三方や、台のものらしい食べ物を載せた大皿、達磨が目を剥いている
屏風なども丹念に描きこまれていて︑当時の遊郭の一室を偲ばせる。
 以来、春画に魅せられて買い集め、今ではコレクションが1万点を超えた
と、シャガンさんは言う。


あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る 2019年9月12日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。