マツコ・デラックスも吐いていた!嘔吐ダイエットに潜む現代人の性の揺らぎ

■マツコ・デラックスも吐いていた!嘔吐ダイエットに潜む現代人の性の揺らぎ
マツコ・デラックスも吐いていた!嘔吐ダイエットに潜む現代人の性の揺らぎ
 

 ダイエットではさまざまな誤解が起きる。「異性にモテたいから痩せたい」という人ばかりではないのに「男はぽっちゃりした女が好き」などと口を挟み、キレられたりするのもそのひとつだ。実際には、同性によく見られたい、そのなかで上に行きたいという動機の人も多い。いわゆる女同士のマウンティングというやつだ。

 とはいえ、それも広い意味では「モテたい」系のダイエットといえる。一方、ここでとりあげたいのは、そのどちらでもないパターン。他者の評価より、自己満足、あるいは自己救済のために痩せたいというものだ。

 たとえば、フリーアナでタレントの小島慶子はこんな告白をしている。

「私は19歳から30歳まで過食嘔吐でした。当時は病気だと知りませんでした。自己肯定感が著しく低いことが原因でした」(本人のツイッター)

 その経緯や背景については、こんな文章も書いている。ちくま文庫『難民高校生』(仁藤夢乃)の解説として寄せた一節だ。

「私自身も母の過干渉や父の激務による不在、姉との不和から家庭に居場所をなくしました。(略)中高6年間、毎朝片道2時間近くも満員のバスと電車に揺られ、痴漢と闘い、大人を呪い、憎み、同時にその大人たちのやり場のない怒りを吸って大人になりました。大学に入ってからは無断外泊を繰り返し、過食で20キロ近く太り、その後、過食嘔吐に。当時の私には、髪を染めて街に出るという世界はあまりにも遠かったため、行き着いた先が摂食障害でした」


あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る 2019年9月11日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。