“チコちゃん”と共演した 奥田昌子さんが教えてくれた『長寿になる和食道』

病気のかかりやすさは
生活習慣によって
かなりの部分が決まる。
今の時代にこそ、歴史に埋もれた
健康と食の教訓を見直すことで
多くのヒントを得られるはずです
“チコちゃん”と共演した 奥田昌子さんが教えてくれた『長寿になる和食道』

■和食こそ日本人の健康食

 厚生労働省の統計によると、2018年の日本人の平均寿命は女性が約87歳、男性が約81歳で、男女とも年々過去最高を更新しています。

 けれども、60~70年前に感染症の治療薬が相次いで発見されるまでは、日本でもマラリア、赤痢、天然痘、インフルエンザ、結核などにより数千人から数万人、ときには数十万人が亡くなる惨事が頻繁に起きていました。

 何とか病気を封じ込めようと昔の人は知恵をしぼりましたが、荒れ狂う疫病の猛威の前には、大仏を造る、改元する、陰陽師を呼ぶ、ウグイスの黒焼きやヘチマの皮を食べるなどの「医療もどき」はあまりにも無力でした。

 だからといって、昔の人が劣っていたかのように考えるのは間違いです。これらの一見非科学的で遅れた治療法にもそれなりの「根拠」と「実績」があり、当時は最先端の「科学」でした。医療技術に限界があるなかで、人は死力を尽くして病気と闘ってきたのです。

 これと相前後して健康によい食事の追求が始まります。食を通じた養生、食養生です。和食ははじめから健康によかったわけではなく、日本人は長い歳月をかけて和食を改善し、日常の食事を健康食に作り変えてきました。

 

■江戸時代に“食養生”が発展

 食養生が飛躍的に発展したのは、社会と生活が安定した江戸時代です。食べて健康を作るという思想は世界各地で見られますが、日本の食養生にはきわだった特徴がありました。そのひとつが「日本人のための健康法」という視点です。指南書『養生訓』で知られる貝原益軒(かいばらえきけん)は「日本人は大陸の人とくらべて胃腸が弱いので、肉は一食につき一切れ食べれば十分だ」と書いています。


あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月13日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。