超奇跡! MMTはジブリで分かる!

◆奇跡の経済理論、登場!
超奇跡! MMTはジブリで分かる!
徳間書店初代社長・徳間康快 

 2019年、わが国では消費税率が10%に引き上げられました。
 消費税とは読んで字のごとく、消費することの負担を重くする性格の税。つまりは景気を冷え込ませ、経済をデフレ(需要が供給よりも少なく、ゆえにモノをつくっても売れない状態)へと向かわせる効果を持ちます。

 

 デフレ不況が長年続いたわが国で、そのような税を強化したらどうなるか、なかなかコワいものがある。
 現に10月の実質消費支出は前年比5.1%減、景気動向指数は前月より5.6ポイント悪化。
 10~12月期の景況判断指数も、大企業(全産業)がマイナス6.2、中小企業(同)にいたってはマイナス16.3を記録しました。
 まさに総崩れの印象ですが・・・

 

 そんな日本で最近、話題になった経済理論が「MMT」。
 Modern Monetary Theory (またはModern Money Theory)の頭文字をつないだもので、日本語では「現代貨幣理論」と訳されます。

 

 MMT紹介の第一人者は、評論家の中野剛志さん。
 2016年の大著『富国と強兵 地政経済学序説』(東洋経済新報社)こそ、わが国でMMTを本格的に紹介した最初の本でしょう。
 『富国と強兵』は、いささか専門的なトーンで書かれているため、初心者には取っつきにくいところがあったものの、中野さんは2019年、KKベストセラーズから刊行された『奇跡の経済教室』二部作で、MMTを平易に解説しました。


あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「消費税 + 経過措置」のおすすめ記事

「消費税 + 経過措置」のおすすめ記事をもっと見る

「消費税 + 軽減税率」のおすすめ記事

「消費税 + 軽減税率」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「税金」のニュース

次に読みたい関連記事「税金」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月15日の経済記事

キーワード一覧

  1. 消費税 経過措置
  2. 消費税 軽減税率

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。