小林よしのり×伊藤祐靖 新・国防論  日本人は国のために死ねるのか(3)

小林よしのり×伊藤祐靖 新・国防論  日本人は国のために死ねるのか(3)
写真・図表:BEST T!MES
日本のあらゆる問題に疑問を持ち『ゴーマニズム宣言』にて問題を提起し続け、その歴史をまとめた『ゴーマニズム戦歴』(ベスト新書)も好評な漫画家・小林よしのり氏。
先月発売された『国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動』(文春新書)が話題沸騰中の伊藤祐靖氏。
この国の未来を憂うふたりが、国防と自衛隊の存在意義について問う、注目の対談!英語がよく判らない? 恐ろしくレベルの低い他国の軍隊

小林 これは『民主主義という病い』(幻冬舎)でも描いたんだけど、本来、民主主義の国民国家は全員が兵隊でした。古代ギリシャのアテナイで生まれた直接民主制で投票権を持つ市民は、全員が戦士。市民とは政治や国防を担う人間のことで、家政や経済活動は民主制に参加できない女性や奴隷がやっていたんです。だから敵が攻めてきたら、直接民主制に参加している男たちは全員が命懸けで戦わなければならない。それが国民国家の起源なんです。フランス革命でできあがった近代的な国民国家も、市民には国防の義務があった。それが本来の民主主義ですよ。「戦争をする」と民主的に決めたら、それを決めた市民自身が戦いに行くことになるわけ。

伊藤 安易には決められないですね、そうなると。

小林 そういうことです。ところが今の日本では、戦場に行かされる自衛官にほとんど発言権がありません。わしがやってる「ゴー宣道場」にも自衛官が何人か来るんですけど、発言を動画で公開されると怒られるので、挙手せずに最後のアンケートで意見を書きますね。アテナイの民主制だったら自衛官だけが参政権を持っているはずなのに、彼らは表立って政治的な議論さえできない。逆に、家政や経済活動だけしている人間が政治をやって「これが民主主義だ」と言ってるんだから、実はおかしな話なんですよ。みんなが当事者意識を持って必死で民主主義に参加するには、徴兵制が有効だという考え方もある。


あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る 2016年9月23日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。