世界大戦前から、日本はアメリカとドイツに敵視されていた!?

世界大戦前から、日本はアメリカとドイツに敵視されていた!?
写真・図表:BEST T!MES
「歴史戦」が苦手な日本が、弱肉強食の国際社会の中で生き残っていくためには、冷静に歴史を検証し、他国がどう日本をみているのかを知る必要があります。人気論客二人(高山正之×川口マーン恵美)が語る、日・米・独の歴史。新刊発売記念・短期連載第1回目のテーマは、『白人支配が広がった19世紀』です。

出遅れたドイツの植民地侵略

髙山 19世紀以降の世界史は「白人支配」が広がる時代でした。はっきり言えば、「白人」が「非白人」を奴隷にし続けた〝暗黒史〟です。戦後70年の安倍談話も、「百年以上前の世界には、西洋諸国を中心とした国々の広大な植民地が、広がっていました。圧倒的な技術優位を背景に、植民地支配の波は、19世紀、アジアにも押し寄せました……」というはじまりでしたね。

「植民地」というのは体裁よく言っているだけで、実際は国家規模で経営する「奴隷農場」「奴隷工場」だった。要するに、力づくでイリーガル(不法)に富を搾取するというのが、植民地開発だった。

川口 いまだって、植民地とは言いませんが、欧米のやり方は同じようなものです。

髙山 アジアでは日本さえいなければ、欧米の植民地支配はさらに、たぶんいまもスムーズに続いていたでしょう。

 帝国主義者であり、『ジャングル・ブック』の作者として有名なラドヤード・キップリングは、「白人はそのバカで残忍な有色人種の国に行って苦労するがいい。彼らに色々教えるがいい」と〝白人の責務〟について語っています。


あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る 2016年10月21日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。