人工知能が「落ちこぼれ」のない教育を実現させる

様々な分野において、「AI」の登場による衝撃や進化が報じられている昨今。「教育」については、10年後、20年後にどのような変貌が予想されるのか? また、私たちに求められる変化は? リクルート次世代教育研究院院長の小宮山利恵子さんにご寄稿いただいた。◆社会が求める「教育」の変化とAI
人工知能が「落ちこぼれ」のない教育を実現させる
 

「2011年に小学校に入学した子どもの65%が、今存在しない職に就くだろう」米国デューク大学のキャシー・デビッドソン教授の言葉だ。
 テクノロジーは私たちの想像を超える速さで進歩し続け、子どもたちが大人になる頃には、多くの仕事が人工知能(AI)を始めとしたテクノロジーに取って代わられることを表現している。ある人はその社会が訪れることを恐れ、またある人はその社会が訪れることにワクワクしている。

 人工知能(AI)という単語を、新聞やネットで見ない日はない。ここで少し、AIの歴史を振り返ってみようと思う。最初にAIという言葉が使われたのは、1956年にジョン・マッカーシーがその研究発表会で利用したことに始まるが、概念自体は1947年にアラン・チューリングによって既に提唱されている。この時一次的にブームになったが、間もなく収束。理由は、端的に言えばコンピュータの性能が低かったからだ。次にブームが起きたのは1980年代。商用のデータベースシステムが開発されたが、今度は利用できるデータの母数が足りず収束。日本では1995年がインターネット元年と言われているが、それから約20年後の今、コンピュータの性能とデータの数が揃って3度目のブームが来ているというわけだ。


あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る 2017年2月10日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。