源義経は屋島合戦の際、平氏方の捕虜からある“重要な情報”を聞き出していた

全国で反平氏勢力が膨張し、源氏を中心に“平氏討伐”が掲げられるさなか、平清盛は病没してしまう。弱体化した平氏は都を落ち、西へ逃れるも、頼朝・義経ら源氏は、一ノ谷、屋島へと、次第に追いつめて行く……。壇ノ浦で平家が滅びるまでの一部始終に迫る連載。
源義経は屋島合戦の際、平氏方の捕虜からある“重要な情報”を聞き出していた
壇ノ浦の平知盛像(手前)と源義経像(奥)屋島の平氏は背後から急襲され海上へと追いやられた

 一ノ谷の戦いから1年後の元暦2年(1185)2月16日夜半、源義経が率いるわずか5艘・20騎(150騎とも)は荒れ狂う風波のなか、摂津渡辺(大阪市)から四国へ向かって出帆した——屋島攻めの日付については、義経からの報告を載せている九条兼実の日記『玉葉』による——。
 渡海にあたっては、淀川河口の港津を拠点とする渡辺党の協力を取りつけ、屈強さで知られた土佐の梶取(漕船の責任者)も乗り込ませていたという。

 翌17日、阿波勝浦(徳島県)に上陸した義経軍は、平氏方の桜庭城(徳島市桜間)を落としたのち、阿波・讃岐の国境、大坂峠を越え、18日に至って、屋島の平氏を背後から急襲し、海上へと追った。屋島の戦いである。
 なお『平家物語』は、義経が屋島を攻めるにさいし、捕虜にした平氏方の阿波武士から、平氏がその兵力を四国の津々島々に分散して配置し、また有力武将が大軍を率いて伊予方面へ出陣しているため、屋島防衛の軍勢が1000騎足らずであること、および屋島と陸の間の海は(現在、屋島は高松市街の半島だが、当時は独立した島)、引き潮の時には馬の腹もつからないほど浅いことなど、重要な情報を聞き出していたと伝えている。


あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る 2017年5月14日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。