今年は公開予定の作品も含めて主演映画が4本と
若手俳優の中でも抜きん出た存在感を放つ
菅田将暉。そして、まさかの実写化となった
人気マンガ『銀魂』にも“ツッコミ役”で出演。

爆笑必至の映画の裏側について聞いた。
菅田将暉が『銀魂』の次に出たい実写化映画は?の画像はこちら >>
写真を拡大 若手俳優のトップランカーとして、数多くの映画に出演中。8月18日(「今回の実写化はマンガ好きでも驚きだった」

 マンガ喫茶にもよく通うマンガ好きで、面白い作品を見つけると「こういう作品に出たい」と周囲にも伝えているという菅田将暉。このたび、実写映画として公開になり、自身は志村新八役で出演する『銀魂』も、やはりチェック済みだったのだろうか。

菅田 ずっと当たり前のように続いている漫画だったので、読んではいても実写化はノーマークでしたね。まさか自分が出るとも思わなかったので、話をいただいて嬉しかったです。

 自身の演じる新八は、主人公の侍・銀時(小栗旬)のもとで、侍魂を学ぶ少年。ボケが連発する作品の中ではツッコミの役どころだ。

菅田 劇中でも言っていますが、新八は「俺がツッコまんかったらホンマどエライことになってるからな!」という立ち位置なんです。大事な存在なのに、どこか雑な扱いを受けている感じも気持ち良かったですね。

 『銀魂』は、「メタ的なイジリや、世界観を潰そうとしてくる笑いが今っぽいと思うし、シニカルな感じも好き」とのこと。一方で関西出身ならではの苦労もあったという。

菅田 完全に原作通りの新八のツッコミは、僕にはできそうにないなと思って。「○○だよ!」っていうツッコミも、自分が言うと気持ち悪いんです。あと「○○だよね!○○だよね!」と畳み掛けるツッコミも、実写でそのまま演技にすると笑いにくい。だからボソッと言ったり、困ってみたりと、監督からも指示を受けながら演技をしていきました。

 本作では福田雄一監督と話して勉強になる事も多かったそう。

菅田将暉が『銀魂』の次に出たい実写化映画は?
写真を拡大 菅田が演じた志村新八だけでなく、小栗旬扮する主人公の銀時(中央)、橋本環奈が演じた神楽(右)と、その再現率の高さは日本映画史上でも屈指の出来と言えよう。

菅田 福田さんは言葉の強いツッコミはあまり好きじゃなく、「え~どうしよう~」みたいな困るツッコミが多くて。ムロさん(ムロツヨシ)や二朗さん(佐藤二朗)が福田組でよくやっていますけど、それが毎回オモロいんです。グダグダとツッコミが続く、ハッキリしない感じも好きですね。

 

橋本環奈の熱演に「こいつ…マジか!」と(笑)

 新八は殴られてメガネが吹っ飛んだり、殴られた顔が毎回違ったりと、演技にも相当な全力感が見られた。

菅田 その場面はハイスピードカメラでの撮影で、まずテスト撮影をしたんですが、福田さんが笑ってくれたら「じゃあこの方向でやろう」という感じで。テストでも謎の期待感が漂ってるし、何もしないわけにもいかないんです(笑)。絞り出した結果が映像になっているんだと思います。

 本作では、役者全員が福田監督を笑わせようと奮闘したわけだ。

菅田 監督が楽しんでくれていると、俳優は安心できるんですよね。

みんなで面白いことを探して、それに真剣に取り組んでいくバカバカしさも楽しくて。福田さんしか笑っていなくて不安になる時もありましたけど(笑)、福田さんが面白いと思うことを信じていこうと思っていました。

 物語序幕は銀時を演じる小栗旬と、ヒロイン的役どころの橋本環奈と一緒の場面が中心。2人との演技は楽しく、「小栗さんもカンカン(橋本環奈)も演技が大胆だったので、『新八は逆で繊細にいこう』と思っていた」とのこと。特に橋本環奈は鼻をほじったり、下ネタや変顔を披露したりと、観客がハラハラするほどの演技が多く、大いに笑わされた。

菅田将暉が『銀魂』の次に出たい実写化映画は?
" target="_blank">写真を拡大 『ストリートジャック』8月号(発売中)では、お気に入りTシャツを披露した豪華グラビアも掲載されている。

菅田 いやぁ、面白かったですね。あのコ、ノリノリでしたから。僕も近くで見ていて、「こいつ……マジか!」ってひいてましたもん(笑)。この映画の橋本環奈は凄い域に達していますし、素晴らしかったと思います。

 佐藤二朗と菅田のやりとりも劇中は爆笑に包まれるはずだ。

菅田 本編では相当短くなってますけど、二朗さんがツッコむ場面だけで、5~6分くらい演技してましたからね。僕が何かアクションを起こすと、二朗さんが全部をいじって拾っていくので、もうエンドレスなんです。近くで見ていた菜々緒さんも笑っていましたけど、「そりゃ笑うわな」っていう(笑)。楽しかったです。

 『銀魂』もまさかの実写映画化だったが、まだ実写化されていない作品で出てみたいものは?

菅田 いっぱいありますね。個人的には『レベルE』をメッチャお金をかけて実写化して、そこに出演したいです(笑)。ただ漫画好きとしては、何でもかんでも実写化してほしいわけではない。ただ、実写化するという話を聞くと、「この役をやりたいな」というのは絶対思うんです。最終的には作品との縁なんですけどね。

 現在、絶賛公開中の映画『銀魂』。彼の振り切った熱演をぜひ、スクリーンで堪能してみてほしい。