ヒロシ「ユーチューバー」の魅力を熱く語る

お客さんを笑わせる、楽しませる。その本質はお笑い芸人もユーチューバ―も同じ。最近TVでめっきり姿を見かけなくなったヒロシさんはユーチューバーに転身していた!? 「余計なしがらなみがない」とその魅力を力説してくれました。ユーチューバ―は自分の力だけが試される実力世界だ 

 結局お笑い芸人もユーチューバーもやっていることは同じだと思うんです。両方とも要は面白いと思われることをしているんですよ。

ヒロシ「ユーチューバー」の魅力を熱く語る
 

 でもお笑いの場合は余計なしがらみがあって「ヒロシです」をやるときも、僕が発信者で受け手は一般の人なわけですが、この間にいろんな人がいる。ネタにしても色々こねくり回されてしまう。だったら一般の人のニーズを直で受け取れるユーチューブの方がいいんじゃないかと思うんです。

 前にも言いましたが、僕に息子がいたら「ユーチューバーになれ」と言いますね。芸人とかの浮ついた夢を追うぐらいなら。

 スベった時の痛みもないですし!

 あとはスベった時の痛みがないのもユーチューブのいいところかなと。もう流しっぱなしなので。ウケたらウケたでいいし。でもユーチューブである程度売れてイベントに出るくらいになったら、もうつまんなくてもウケる状態になります。

 余計なしがらみに縛られず、自分が面白いと思ったものを発信できる。それで自分が人気が出てきたらお金ももらえる。人気がなければもらえない。シンプルな実力世界だなと思います。で、何年後とかにはまたユーチューブとは違う媒体が絶対出てきます。そしたらそっちに流れればいいだけですよね。

 最後は僕の宣伝なんですが、僕もユーチューブで「ヒロシちゃんねる」というのをやっていて、キャンプの動画を流しています。よかったら見てみてください。

明日の質問は…〈Q16 失礼を承知で聞きます。ヒロシさんは本当にネガティブなんですか?〉です。

あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る 2017年11月19日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。