あのバス停も実在!『君の名は。』の名場面を完璧に再現してみた。(2)

ついに映画『君の名は。』が待望の地上波初放送!
映画で描かれた美しい風景描写も多くの人を魅了した要因の一つだが、その「舞台設定のモデル」になったとされる、岐阜県の飛騨古川。
映画のワンシーンを再現したかのような写真が撮れることでも人気だが、せっかく行くならとことん「完コピ」したい! インスタ映えする決定的1枚の撮影方法をプロのカメラマンと徹底研究!
あのバス停も実在!『君の名は。』の名場面を完璧に再現してみた。(2)
写真を拡大 劇中で瀧、奥寺先輩、司の3人が腰掛けたバス停が、廃止後もそのまま残されている。瀧たち3人が座ったバス停も、そのままに。

 映画『君の名は。』の舞台として有名になった岐阜県の飛騨古川。作中、東京の国立新美術館で観た飛騨の写真が、糸守町に似ていると気付いた瀧は思いを巡らせる。そして、瀧は三葉の住む糸守町を探すために、この町を訪れる。(ちなみに飛騨古川はあくまで作中で「瀧が三葉の面影を探して訪ねる場所」であり、三葉が実際に住む糸守町のモデルではない)。
 劇中で、瀧、奥寺先輩、司が腰掛けていた「バス停」も公式認定されている場所の一つだが、飛騨古川駅からはかなり距離があるので、電車やバス、タクシーを利用がオススメだ。

あのバス停も実在!『君の名は。』の名場面を完璧に再現してみた。(2)
写真を拡大 飛騨市宮川町落合にあるバス停だが、残念ながら'15年10月で廃止となり、現在は待合所が残るのみ。車通りが意外に多いので撮影時は十分に注意したい。順光で撮影できる早朝か夕方に行くのがベスト! 

 上のような再現写真を撮影するには、二車線の道路を挟んで、バス停に対して正面から直線で狙うことになる。「バス停が南西の方角にあるので、バス停の中が陰になりやすい。晴れの日の日差しが傾いている早朝か夕方に行くとイメージと近づくかも!(フォトグラファー・鈴木克典氏)」

あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る 2018年1月2日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら