往年のファンですら斬新さに戸惑った「20年目のAJ」【エアジョーダン秘史(20)】

NBAのスーパースター、マイケル・ジョーダンのシグニチャーモデルとして生まれた〈AIR JORDAN〉。誕生から30年を超え、その背景や物語を知らずにファッションアイテムの一つとして楽しむ世代も増えてきた。そんな「マイケル・ジョーダンを知らない世代」のためのエアジョーダン基礎講座として、今なお続くナンバリングを順に振り返りながら、歴史を紐解いていきたい。

第20回は、2005年発売の「AIR JORDAN 20」。
エアジョーダンシリーズの20周年アニバーサリー色が色濃いAJ。
ティンカー・ハットフィールドが久々に手腕を振るうが、斬新すぎるデザインに、誰もが戸惑ってしまう。

 

シリーズ20周年を祝った特別モデル
I.P.S.ポッドシステムが初採用される
往年のファンですら斬新さに戸惑った「20年目のAJ」【エアジョーダン秘史(20)】
写真を拡大 AJ19あたりから徐々に豪華仕様になる専用BOXだが、AJ20では写真のように観音開きになる仕様で、シューズは赤いネット状の袋に収納されていた。ジョーダンが傾倒するバイクをモチーフにしたAJ

 ジョーダンシリーズ20周年のアニバサリーイヤーに、ティンカー・ハットフィールドが久々にデザインを担当したスペシャルAJ。デザインソースは'05年からスズキとレース活動を行うことになったジョーダンが傾倒するモーターサイクルがモチーフで、ご丁寧にジョーダンがこのAJでバイクを運転できるよう、つま先の内側に補強まで追加してある。
 テクノロジー面では、アウトソールI.P.S.(インディペンド・ポデュラー・サスペンション)ポッドを採用。このグリップは肉食獣の肉球のようにしなやかにコートを捉えるべく開発されたため不安の声も聞かれた。加えてミニマルでメタリックなアッパー、レーザーで描かれた記念グラフィック、完全に独立分離したアンクルストラップなど、斬新すぎるデザインは街履きでもオンコートでも好き嫌いがハッキリ分かれた。だが一方で、ハマるファンには熱狂的に受け入れられた衝撃作でもある。

あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る 2018年6月18日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら