水谷優子さんの急逝に声優仲間から追悼の声 「若すぎます」「またご一緒したかったです」

水谷優子さんの急逝に声優仲間から追悼の声 「若すぎます」「またご一緒したかったです」
水谷優子さんの急逝に声優仲間から追悼の声

『ちびまるこちゃん』のお姉ちゃん役(さくらさきこ)などで知られる水谷優子さんの訃報に、声優仲間や親交のあった人々から別れを惜しむ声が相次いでいる。


水谷さんがパーソナリティを務めていたラジオ番組『一生ポリケロ』で、代役として収録したばかりの榎本温子は、「水谷優子さんの訃報をうけ、大変大変大変残念でなりません。先日優子さんの代役で、一生ポリケロの収録をさせていただいたばかりです。今後も代打を、という話を伺って、もしそうなるとしたら、優子さんにお手紙を書こうと思っていました」と悔しさをにじませた。


水谷さんと同じ青二プロダクションに所属する置鮎龍太郎は、「現場が終わったところでマネージャーから聞いて、動揺している。早すぎますよ(>_<)」と思いを綴り、荒川美奈子は「優子ちゃんの愛車で駅まで送ってもらった時に、スリムになり過ぎていることが気にはなったし、知恵子の話をした時にも、気にかかることはあったけれど…。残念でしかたありません。」と別れを惜しんだ。


古川登志夫も「謹んで哀悼の意を表します。」と綴り、下田麻美は「信じられない。悲しい。水谷さん、またご一緒したかったです」と偲んだ。本名陽子は「若すぎます。驚きのあまり言葉がみつかりません。。。ご冥福をお祈りいたします」と追悼した。また、水島裕は「たまに会うと、なんだか、はにかんだような笑顔だったのが印象的です。僕には、少女を演じるイメージが強い水谷さんでしたから、お亡くなりになったと聞いても、納得できません」と思いを綴った。


『ちびまるこちゃん』の公式サイトでは、原作者のさくらももこやキャスト・スタッフが、「平成2年の初回放送から長きにわたりお姉ちゃんの声を演じていただき、『ちびまる子ちゃん』を楽しく盛り上げていただいておりました。ここに追悼の意を表し、心からのご冥福をお祈り申し上げます」と、追悼コメントを発表した。


あわせて読みたい

BIGLOBEニュースの記事をもっと見る 2016年5月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。