ハンバーグの中にホッチキスの針… 飲食店は被害者のTwitterをブロック、その後謝罪するも「言い訳」と大炎上

ハンバーグの中にホッチキスの針… 飲食店は被害者のTwitterをブロック、その後謝罪するも「言い訳」と大炎上
拡大する(全1枚)
画像はイメージ

注文したハンバーグにホッチキスの針が入っていたことを伝えたにもかかわらず、謝罪せず被害者のTwitterをブロックしたという飲食店が物議を醸している。批判が殺到した店側はブログで謝罪したが、その内容にも厳しい意見が寄せられ炎上が拡大している。


Twitterに投稿された内容によると、「300B ONE 新宿店」で提供されたハンバーグの中にホッチキスの針が混入。客がこのことを店員に伝えたところ、謝罪はなく「上の者は忙しくて手が離せません」と回答したという。その後、店の代表電話番号をTwitterで問い合わせたが、返答がないままブロックされたとしている。


この投稿が拡散し批判が殺到したことを受け、店側はブログで謝罪を公開。ホッチキスの針が入っていたという指摘を受けたのがピーク時であったため、「少し落ち着いたら出ようと思っていた」、「手が追いつきませんでした」、「時間が過ぎてそのお客様が帰る時間になっているのも気が付かず謝罪をすることができませんでした」と当時の状況を説明。ホッチキスの針については、「厨房でホッチキスを使うことはないので混入経路についてはわかりません」としたが、「ただし当店で出したものにお客様が入っていたということなので謝罪いたします。大変申し訳ありません」と謝罪した。


しかし、謝罪文では、「一品、一品をすべてオーダーが来てから作るので忙しい時は全く手が離せなくなります」、「当社は小規模零細企業です 大企業のような素早いお客様対応ができるわけではなく」と店側の事情を長々と説明。Twitterについても、「そのお客様がツイッターで代表の電話を聞いてきたようですがそのお客様かどうかは当店ではわかりかね、ツイッターではブロックをしました」としたため、更に炎上が拡大。「反省の色が全くない」、「料理ストップしてでも謝りに行くべき」、「素早いお客様対応は、大規模・小規模に関係はありません」、「この謝罪文まったく反省して書いてないよね。言い訳ばっかり」といった厳しい意見が多数寄せられている。


当時の記事を読む

BIGLOBEニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク