パワハラ死、社内スキャンダルは脅しでもみ消し!?大手新聞社の巧妙な手口

パワハラ死、社内スキャンダルは脅しでもみ消し!?大手新聞社の巧妙な手口
       
【前回までのあらすじ】
--巨大新聞社・大都新聞社は、ネット化を推進したことがあだとなり、紙媒体の発行部数が激減し、部数トップの座から滑り落ちかねない状況に陥った。そこで同社社長の松野弥介は、日頃から何かと世話をしている業界第3位の日亜新聞社社長・村尾倫郎に、以前から合併の話を持ちかけていた。そして基本合意目前の段階にまで来たある日、割烹「美松」で、村尾、両社の取締役編集局長、北川常夫(大都)、小山成雄(日亜)との密談が行われ、終了後、松野と村尾はそれぞれの愛人の元へ帰っていった。そして数日後、4人による第2回目の会談が行われた--。

 大都新聞社長の松野弥介は、熱燗をちびりちびりやりながら、日亜新聞社長の村尾倫郎が部下である小山成雄の不倫騒動について説明するのを聞いていた。しかし、その経緯の説明を終え、村尾がお湯割りに手を運ぶと、急に難しそうな顔つきになった松野がすかさず質問を発した。

 「自殺未遂?」
 「そうです。なかなか小山君が捕まらない彼女は、相当イラついていたんですね。ある大手銀行の駐在員に『小山を連れてきてくれないなら、私、死ぬわ』と電話してきたんです」
 「それはとんだとばっちりだ。びっくりしたろうね」
 「ええ、その駐在員がうちに電話してきたんです。電話に出たのが僕だったんです」
 「それでどうしたんだ?」
 「そりゃ、僕だって慌てましたよ。自分の部下の騒動ですから、多少は知っていました。でも、プライバシーの問題でしょ。支局長も含め、見て見ぬふりをしていたんですけど、自殺するとなると、事は重大です。僕が彼女の宿泊しているホテルに駆けつけました」
 「そりゃ、そうだな」
 「ホテルに駆けつけ、フロントで事情を話し、部屋を開けてもらったんです。部屋に入ると、彼女はベッドに横たわっていました。剃刀で手首を切っていましたが、傷は浅かったんです。すぐに、救急車を呼んで病院に運びましたよ。命に別状はなかったですけどね」
 「ふむ。でも、小山君の今の奥さんは、その補助記者の女性なんだろ?」
 「そうです。子供も3人いるよな。小山君」


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年4月26日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。