パクリも横行?アニメ大国・中国、独自の進化で、質・量ともに日本を超える日

パクリも横行?アニメ大国・中国、独自の進化で、質・量ともに日本を超える日
       
 クールジャパン、ジャパニメーションなどのキャッチコピーでもてはやされ、アニメーションはいまや日本が世界に誇れる産業だ。しかし昨年には、そのアニメの制作量も中国に抜かれてしまったのをご存じだろうか。そのもてはやされ方とは裏腹に、低賃金、長時間労働、人手不足といった労働条件の悪さや現場の過酷さが度々話題になるアニメ業界。それでも、求められる作品のクオリティは高まるばかり。そんな状況下で、少しでもコストダウンするため、アニメ業界でもどんどん海外への外注を行っている。最近アニメのエンドロールを見ていると、中国や韓国の会社名やスタッフ名を目にする機会が増えた。

 現在の日本のアニメは、この中国や韓国に支えられて成り立っているといっても過言ではないが、その実態はあまり知られていない。そんな中国のアニメ事情がわかる本が登場した。それが、8月21日に発売された『なんで私が中国に!?』(日野トミー著/イースト・プレス刊)だ。この本の中で、作者であるアニメクリエイターの日野トミーがアニメ会社を設立するため、急遽中国の西安に行くことに。知られざる中国のアニメ業界とは、いったいどうなっているのだろうか?

 「日本アニメを見まくっているから目が肥えてる」というくらい日本のアニメが好きな中国人。しかし、日本のアニメは大好きでも「日本のオタク的なセンス」は浸透していない。そもそもアニメを見ている媒体が、海賊版動画サイトだから仕方がない気もするが、日本の萌え絵的なものを描くのはとにかく苦手なようだ。それに海賊版では、足りない素材を勝手に描いたり、どこかから拾ってきたりしている。やはり著作権に関する意識はかなり低いようだ。


ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「働き方改革」に関する記事

「働き方改革」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「働き方改革」の記事

次に読みたい「働き方改革」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年9月22日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。