バスの通勤定期券は年間2万円も損?カラクリをバス会社さんに聞いてみた

バスの通勤定期券は年間2万円も損?カラクリをバス会社さんに聞いてみた
       
 サラリーマン諸氏のうち、「通勤定期券」を購入している人も多いだろう。バスや電車などの公共交通機関では、定期券を発行している事業者がほとんどだ。しかし、この定期券とは利用者のお財布にやさしいシステムなのだろうか? 調べてみると、実はバスの定期券は、利用者にとってほとんどお得ではないシステムであることが浮かび上がってきた。

 普通運賃200~210円の小田急バスで定期を購入する場合、1カ月の価格は9000円。ひと月で22~23往復使用しなければ元が取れない値段だ。週休2日のサラリーマンであれば、会社に通勤するのは多くても月に23日。今月などは19日だ。つまり、暦によっては通勤に定期券を使用するだけならば、損をする結果となってしまうのだ。

 さらに、昨今では「バス利用特典サービス(バス特)」という制度がある。定期券ではなくSuicaやPASMOなどのICカードを使用してバスに乗車した場合、1000円利用するごとに100~170円分、例えばひと月に9000円利用した場合には1560円分のポイントが付与される。定期券を購入するよりも、はるかにお得なサービスだ。しかも付与されたポイントは、どのバス会社でも共通で利用できる。

 つまり、通勤利用だけならば、バス定期券を購入するメリットはほとんどない。

 このような定期券の不都合について小田急バスのお客様相談センターに問い合わせたところ、「他社のバスに乗る場合が多いと、定期券を購入せずにバス特を使って乗車をするお客様も多いです。ただ、定期券の場合、通勤区間だけではなく、弊社のバス全線でご利用いただけるんです」との回答。ということは、複数の区間を乗り継いで利用しているならば、定期券を購入すると得ということだ。


ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年9月24日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。