ビッグデータはどこまで私たちをハダカにする?人格推定、自動車ドライバー監視…

ビッグデータはどこまで私たちをハダカにする?人格推定、自動車ドライバー監視…
 いわゆる「ビッグデータ」の応用により、ツイッターのつぶやきから人格を推定したり、自動車のドライバーを“監視”することが可能となっている。ビッグデータは我々をどこまでハダカにしてしまうのだろうか。

 ITによって蓄積された膨大なビッグデータを統計的に分析する手法が注目されている。一方で、蓄積されたデータには多くの個人情報が含まれているため、プライバシーの観点からビッグデータ利用を懸念する声もある。

 「ツイッターのつぶやきから、そのユーザーの人格や価値観、要求を知ることができる」なんて話を聞くと、ビッグデータ利用に反対したくなる人も増えてくるかもしれない。2013年5月25日付の英エコノミスト誌は、次のような驚きの研究成果を伝えている。

●つぶやきから人格や価値観を明らかにできる

 従来のマーケティングでは、年齢、性別、既婚・未婚、居住地、収入などをもとに消費行動の分析が行われてきた。しかし、この手法はうまくいかなかったと専門家は考えているようだ。

 そこで、IBMのアルマデン研究センターが着目したのが、消費者の深層心理である。その深層心理は、ツイッターのつぶやきに表れると彼らは考えた。つぶやきというデータを解析することで、そのユーザーの深層心理に迫り、人格や価値観、要求を明らかにすることができるという。

 同センターが開発した解析ソフトは、コロラド大学の研究成果をベースにしている。同大学の研究成果によれば、特定の単語と心理的特徴には相関が見られる。例えば、「バー」「レストラン」「人混み」といった単語は、外向性を示す。「不愉快」「だるい」「気がめいる」といった単語は、神経症的傾向に関係する。一方、「夏」という単語が同調性に関連したり、「珍しい」という単語が協調性に関係するというから面白い。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2013年9月26日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら