食の定番メニューは、いかにして“定番化”したのか?焼肉、中華まん…嘘だらけの歴史

食の定番メニューは、いかにして“定番化”したのか?焼肉、中華まん…嘘だらけの歴史
 普段、なにげなく口にしているカレーやコロッケ、ラーメン、アイス、メロンパン……といった大衆食。これらの食べ物はどこの国から来て、ビジネスや文化と接しながら、いかに日本人の口に合うように変化を遂げてきたのか。そんな身近なメニューの変遷にライターの澁川祐子氏が迫ったのが『ニッポン定番メニュー事始め』(彩流社)だ。

・「カレー」は日本初の「あんかけご飯」
・元祖「牛丼」はなんと味噌味だった
・「コロッケ」は「がんもどき」だった!?

……などなど、気になるコピーが表紙に並び、自ら「食探偵ノンフィクション」と評するこの本について、著者の澁川氏に話を聞いた。

--今回の本はJBpressの連載「食の源流探訪」を基にしたもので、テーマは“身近な食べ物のルーツ”です。食べ物の話題が好きな人は多いですし、一家言持っている人も多いと思います。

澁川祐子氏(以下、澁川) そうですね。今回の連載でも、食の話が好きな人は多いんだなと実感しました。定番メニューや普段口にしている食べ物のルーツは、テレビなどでもたびたび取り上げられますし、ネットにもいろいろな情報が氾濫しているので、ただ単にそれらをなぞったり、一般的に元祖といわれているお店へ取材したりすることはしませんでした。

お店の取材をする良さはもちろんありますが、取材をすることで聞いた話に引っ張られてしまう部分があるので、文献を調べ、冷静に見て明らかにしようと。また、「この店が元祖です」とか「こういったルーツがある」と断言することで、視聴者としてもスッキリするので、メディア側もそう言い切ってしまっていた側面もあります。しかし、実際にはどこのお店が元祖かというのは曖昧なことが多く、今回の本では現時点でわかったところまでしか書きませんでした。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2013年10月31日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら