ステマビジネス横行で揺らぐネットの信頼性〜Wikiも被害、サムスンの逆ステマ発覚

ステマビジネス横行で揺らぐネットの信頼性〜Wikiも被害、サムスンの逆ステマ発覚
 韓国サムスンの「逆ステマ」問題が話題になっている。

 10月25日にEngadget日本版が報じたところによると、台湾の公正取引委員会にあたる公平交易委員会は、「ネット上で一般人になりすまして自社製品を持ち上げ、競合製品を貶めていた」として、台湾のサムスン電子に1000万新台湾ドル(約3300万円)の罰金支払いを命じたことを明らかにした。またサムスンとの契約に基づき実際にステルスマーケティング(ステマ)を実施した台湾企業に対しても、300万新台湾ドル、5万新台湾ドルの支払いを命じている。

 同記事によれば、台湾サムスンとステマを請け負った鵬泰顧問有限公司は、2007~12年にわたって契約し、ネット掲示板を中心にサムスン製品をことさらに持ち上げる、あるいは競合製品の短所を強調するといったコメントを、一般ユー
ザーになりすまして多数投稿していたという。

 10月26日にギズモード・ジャパンは、「(サムスンが)多数のライターや専用ス
タッフを雇って、ライバル社の製品の欠点を強調させている」という申し立てがあったことから、公平交易委員会が調査に乗り出して事実と判明したという経緯を伝えている。同記事の最後には「ネット上のレビューをわりと参考にしている一消費者としてはステマも逆ステマもやめてほしいなーって思っちゃうんですけど…」という記者のコメントがあるが、ステマが巧妙化し、見抜きづらくなっている昨今、同じ思いを抱えている人は少なくないだろう。

...続きを読む

あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2013年11月13日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。