今年のクリスマス消費、なぜ「高額」「癒やし」に人気殺到?ホテル、食品、日用品…

今年のクリスマス消費、なぜ「高額」「癒やし」に人気殺到?ホテル、食品、日用品…
 クリスマス商戦を迎える10~12月は1年のうちで最も消費が活気づく時期といわれており、各企業は例年この時期に合わせ、その年の消費動向を予測しつつ対策を打つことで知られている。

 日本総研が発表した2013年12月期の日本経済展望によると、7~9月期の実質GDP成長率が前期比年率+1.9%で4四半期連続プラス成長となったものの、一時的とはいえ多少景気の鈍化が見受けられるとしていた。緊急経済対策の本格化が景気押し上げに作用しているとはいえ、当初、個人消費は昨年とほぼ横ばいとの予測が立てられていた。

 ところが、ふたを開けてみると、意外なことに今年のクリスマス商戦は、例年以上に「高額プラン」「高額アイテム」が人気を呼んでいる。理由としてまず、来年4月の消費税率引き上げを控え、個人消費の駆け込み需要が本格化していること。加えて、アベノミクス効果や20年東京五輪開催決定を受け、消費者の間で景気の先行き期待感が広がった結果、クリスマス消費は例年以上に熱を帯びた勢いで好調に推移している。

 一番活気づく業界の筆頭として、ホテル業界が挙げられる。特に今年は、都市ホテル稼働率が上昇傾向で、東京では稼働率が9割を超えるホテルも続出しているという。こうした好調の流れのままクリスマス商戦に突入したいホテル業界だが、見事にその目論見どおりになっているようだ。

●ホテルは高額プランが好調

 例えば、ザ・プリンスパークタワー東京(東京・港区)では、高層階特別フロアに宿泊する「プレミアムクリスマス」への予約が殺到。同ホテルは好調の理由について、次のように分析している。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2013年12月22日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら