軍艦島の世界遺産推薦、地元・長崎はなぜ落胆?経済優先の国の思惑に翻弄、多額財政負担も

軍艦島の世界遺産推薦、地元・長崎はなぜ落胆?経済優先の国の思惑に翻弄、多額財政負担も
 地元の島が世界文化遺産に推薦されて、落胆した自治体がある。長崎県と長崎市だ。


 長崎市議会総務委員会は10月1日、世界文化遺産への政府の推薦が決まった「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」の構成資産の1つ、端島(はしま)炭坑(通称・軍艦島)の現地調査を行った。一行はベルトコンベア跡などがある採炭施設や崩壊している旧端島小中学校など、一般の立ち入りが禁止されているエリアを視察した。

 世界文化遺産に登録するには、島全体が国の文化財の指定を受ける必要があり、文化財保護法では現状維持が求められる。しかし、軍艦島のように全体が廃墟と化した構造物の保存は、どこまでやればよいのかという尺度がない。すべての居住施設を対象に外観を維持・復元するには、144億円の経費が必要だと専門家は試算しており、長崎県と長崎市にとって財政負担があまりに大きすぎる。そこで保存のあり方を検討するために、市の総務委員会の委員たちが視察をしたわけだ。

 軍艦島は長崎港から高速船で1時間足らず。周囲1.2キロの無人島で、高層の建造物などとともに島影が戦艦「土佐」に似ていることから軍艦島と呼ばれた。

 1890(明治23)年に三菱高島炭鉱が採炭を開始。1916(大正5)年には日本初の鉄筋コンクリートの高層アパートが建つなど最盛期には5200人が住み、人口密度は東京の9倍といわれたが、1974年に閉山。無人島となり上陸禁止となった。その後2000年代に入り廃墟ブームが到来し、廃墟マニアたちからの要望で、09年に一部に限って上陸できるようになった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2013年12月27日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「富山県」のニュース

次に読みたい関連記事「富山県」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「京都府」のニュース

次に読みたい関連記事「京都府」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「山梨県」のニュース

次に読みたい関連記事「山梨県」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。