飲みニケーション、なぜ積極活用する企業増?費用を支給、部署や役職をシャッフル…

飲みニケーション、なぜ積極活用する企業増?費用を支給、部署や役職をシャッフル…
       
「飲みニケーション」を積極的に活用する企業が増えているという。

 会社の飲み会といえば、職場の仲間と酒を飲んで交流を深めるという名目のもと、実際は酔っ払った上司の説教やグチを延々と聞かされたり、セクハラパワハラの温床にもなったりと、あまりいいイメージがなかったもの。「飲みニケーション」という言葉自体、すっかり過去のものになっていたはずなのだ。しかし、どういうわけか最近、その社内飲み会が見直されているのだという。

 例えば、日立ソリューションズでは「段々飛び懇親会」という社内飲み会を行っている。部長と主任のように、役職や部署が全然違う社員同士の飲み会を制度化したうえ、1人当たり3000円の飲み代を会社が負担しているのだ。また、ある中堅の製造業も、社内コミュニケーションの活性化を目的に「懇親会手当」という制度を導入。管理職と部下が一緒に飲むと、会社から1人当たり数千円の補助金が支給されるという。

 さらに、求人サイトなどを運営する大阪のギャラクシーエージェンシーは、社長を含めた全社員を対象に「シャッフル飲み会」を2カ月に一度行っている。これは社員をランダムに選び、5~6人で1グループとする、誰と一緒になるかわからない飲み会で、社員同士が仕事についてざっくばらんに話し合うというもの。もちろん、飲み会の費用は会社が全額負担する。極めつきは求人サービスサイト「アルメン」を運営する日本産業広告社で、スタッフ募集の最終面接は社長同席の飲み会としているという。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「セクハラ」に関する記事

「セクハラ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「セクハラ」の記事

次に読みたい「セクハラ」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月28日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。