スキー人気、なぜ復活?各地で客数大幅増、関連業界の地道な努力実る、戻るバブル世代…

スキー人気、なぜ復活?各地で客数大幅増、関連業界の地道な努力実る、戻るバブル世代…
 スキー場の最寄り駅であわてて切符を探すパッとしない若い男。でも、ゲレンデでスキーウェアに着替えると、別人のようにカッコよくなり、颯爽と白銀の斜面を駆け下りていく。女の子はその姿を見つめ、思わずつぶやくのだ。「えっ、なに? これがゲレンデマジック」――。

 長いあいだ低迷していたスキー人気が復活しつつある。それを象徴しているのが、昨シーズンから6年ぶりに再開されたJR東日本のスキー旅行キャンペーン「JR SKISKI」のこのCMだ。本田翼が出演した昨季に続き、今シーズンは「ぜんぶ雪のせいだ。」をキャッチコピーに若手女優の川口春奈を起用、スキー場での恋愛模様を描いて話題になっている。こうやってスキーがクローズアップされるのは、ここ最近なかったことだ。

 スキー人気の回復は数字にも明確に表れている。苗場スキー場(新潟県)はこの1月~3月のホテルの予約状況が前年同期比10%増となり、長野県・志賀高原の19のスキー場も年末年始の利用客が前年同期に比べて10%以上増加したという。同県の白馬八方尾根スキー場は13%増で、野沢温泉スキー場も5%増。さらに、北海道を見ても、ニセコ地区のニセコグラン・ヒラフスキー場の12月の利用客は前年同月比で15%も増加して約8万人となり、ルスツリゾートも15%増、富良野スキー場にいたっては増加率が20%にも上る。長野県や北海道など、国内の主なスキー場の利用客が軒並み1~2割増えているのだ。このため、各スキー場の業績もアップ。八方尾根や岩岳、竜王をはじめ、白馬地区を中心に多数のスキー場を経営する「日本駐車場開発」は、今期のスキー事業の売上高が倍増し、営業利益は2.5倍になったという。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。