日本の工場が危ない?スーパーの値下げ圧力で疲弊、深刻化する安全・衛生軽視

日本の工場が危ない?スーパーの値下げ圧力で疲弊、深刻化する安全・衛生軽視
「週刊東洋経済」(東洋経済新報社/3月15日号)は、『どうした日本の製造業 工場異変』という特集を組んでいる。「メーカーでは事故・事件が多発。コスト競争に負けた工場の閉鎖も相次ぐ。ものづくりの現場で何が起こっているのか」という内容だ。

 特集記事Part1『工場の安全 工場でつくるモノは安全か』では、ここ数年相次いでいる化学メーカーの重大事故を紹介している。その概要は以下の通り。

・2011年11月、東ソーの南陽事業所で爆発、1人死亡
・12年4月、三井化学の岩国大竹工場で爆発、1人死亡
・12年9月、日本触媒の姫路製造所で爆発、1人死亡
・14年1月、三菱マテリアルの四日市工場で爆発、5人死亡

 世界的に重大な事故が頻発した70~80年代の教訓から、化学工場は安全な工場になったが、それゆえに安全が当たり前となり、そこで働く従業員は「化学反応に対する基本的な理解さえも不足している」(安全工学会専門家)という。

 また「化学はマイナーな産業」になり、優秀な人材を採用しにくくなっている。「研究職はまだ人気があるが、製造現場に行きたい人間は1割もいない。若手が入らないから議論がなくなり、もっと吸収しようという現場の意欲がなえている」(大手化学首脳)のも一因だ。

●続々と閉鎖する工場

 特集記事Part2『工場の立地 工場は日本で成立するのか』では、工場の撤退が相次ぎ、地域の雇用・税収が減っていく現状を危惧する。工場跡地の多くはイオンモールなどに生まれ変わっている。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2014年3月14日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。