深夜の“落語”番組、なぜ斬新で釘づけ?話題のネタを見事な「噺」に仕上げる芸術的驚き

深夜の“落語”番組、なぜ斬新で釘づけ?話題のネタを見事な「噺」に仕上げる芸術的驚き
 主要なテレビ番組はほぼすべて視聴し、「週刊新潮」などに連載を持つライター・イラストレーターの吉田潮氏が、忙しいビジネスパーソンのために、観るべきテレビ番組とその“楽しみ方”をお伝えします。

 昔、友人が自宅(しかも超狭いアパート)に噺家を招いて、独演会を催していたことがあり、生で聞く落語の迫力は肌で感じたことがある。が、落語そのものにハマることはなく、接点も持たずに生きてきてしまった。噺家の醸し出す独特の空気感と巧みな言葉で綴る世界観にはぐっと引き込まれるものがあることは知っているのだが、テレビではとんと観る機会がない。演芸番組か長寿テレビ番組『笑点』(日本テレビ系)くらいか。ただし、笑いの質が年輩向けで、正直あまり面白いとは思えない。要は「寄席へ行け」って話でもある。

 が、この春から『噺家が闇夜にコソコソ』(フジテレビ系)という番組が始まった。単純に落語を披露するのではなく、噺家たちが話題の人やニュースの現場を取材し、「噺」として完成させてお披露目するという番組だ。切り口の斬新さに感心した。とにもかくにも、出てくる噺家たちの話術が手練れである。深夜でも思わずぐっと引き寄せられる。というのも、ニュース番組でもワイドショーでも、微妙に編集されて1分程度でまとめられてしまうような小さなネタを、噺家独自の「盛り込み」と「色付け」で魅力的なネタに仕上げているのだ。

 個人的なお気に入りは、見た目がやや新宿二丁目テイストの桃月庵白酒(とうげつあんはくしゅ)。ふくよかな首回りと色白のもち肌、どっしりと安定感のある体幹をもつ噺家で、同番組では「渋谷のギャル学校・BLEA学園」や「伝説のオネエ・吉野ママ」などのネタを担当した。取材内容を噺家がまとめて話すと、こんなに面白くなるのかと驚いた。もちろん取材対象者やネタ次第なのかもしれないが、テレビの前に釘づけになったことは確かだ。画面に映っているのは噺家だけなのに、情景が目に浮かぶとは、これいかに。時事ネタも下ネタも持ちネタもこっそり含ませ、数分間の噺に仕上げるのは芸術でもある。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2014年5月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら