多国籍化する浅草界隈、なぜ外国人旅行者増?地元発のグローバル戦略と、地道な努力

多国籍化する浅草界隈、なぜ外国人旅行者増?地元発のグローバル戦略と、地道な努力
 東京スカイツリーが2012年に開業してから、浅草界隈の様相が急激に変わった。国内からの観光客ばかりではなく、海外からの旅行者も急増しているのだ。その背景を探ると意外なことが見えてくる。

 安倍晋三首相は、日本経済再生戦略の一環としてクールジャパン(日本の文化やソフトの輸出促進政策)を掲げ、「クールな日本」を海外に売り込むために13年度予算で財政投資として500億円の予算が計上された。海外からの浅草訪問客増加の背景には、そのような国の政策が影響しているようにもみえるが、実際にはそれとはまったく関係なく、地元のアイデアと心意気がもたらした、これまでの努力の結果だといえる。

 浅草地区に外国人旅行者が増え始めたのは、約10年前からだ。浅草の近くにはかつて山谷と呼ばれた日雇い労働者の溜まり場があった。ところがバブルが崩壊した1990年代以降、労働者の姿が消え、彼らが定宿にしていた木賃宿は外国人相手の廉価なホテルに姿を変えていった。

 そして、界隈に格安志向のバックパッカー的な外国人観光客が増えたのを契機に浅草地域でも2006年にサクラホステル浅草が開業し、隣町の蔵前でもケイズハウス東京がオープンした。これらはバックパッカーズホステルと呼ばれ、相部屋だと一泊3000円、ツインでも一人当たり同4000円ほどで泊まれる。これら格安ホステルは海外でも若者をメインにした宿泊として知られているが、今は年齢に関係なく旅行者を受け入れている。

あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2014年7月13日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら