食品添加物、残留農薬…体内で相乗毒性、人体に異常起こす可能性 食品安全委員会は静観

 食品安全委員会はこの報告書に基づき、相乗毒性について、さらに検討する構えもない。

●英国などでは問題の着色料の使用を禁止

 もともと相乗毒性で問題とされているのは農薬を中心とする化学物質であるが、私たちは残留農薬というかたちで、農薬成分を摂取している。この残留農薬の相乗毒性問題は、1990年代から科学者が問題視し、さまざまな研究が行われてきた。97年度厚生科学研究「残留農薬の相乗毒性に関する薬物動態学的研究」(主任研究者・大野泰雄)、97年厚生科学研究「農薬の低濃度曝露による影響に関する調査研究―農薬の複合作用による神経毒性に関する研究」(同・黒川雄二)の研究成果では、複数の農薬同士や農薬と薬物との相互作用、相乗毒性の可能性があることが明らかにされた。

 さらに、07年には「食品中の合成着色料や保存料が子どもの多動行動を増加させる」という報告が、英医学誌「Lancet」(9月6日号)に掲載された。食品添加物と多動との関係はこれまでも疑われてきたが、直接の関与を示した研究はこれが初めて。

 この研究は英国食品基準庁(FSA)の資金で、英サザンプトン大学のジム・スティーブンソン氏らが行ったもの。3歳および8、9歳の2グループ、297人の小児に食品添加物(保存料、合成着色料)を含む混合飲料を与え、対照群として一部の小児には添加物なしの飲料を与えた。添加された保存料の安息香酸ナトリウムは、「コカ・コーラ」や「ダイエットペプシ」ほか、多くのフルーツ飲料に含まれるもので、過去の研究で細胞の損傷や癌(がん)の増加につながることが示されている。


ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年7月28日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。