東京五輪でのメダル量産が期待される女子レスリング。今、その代表争いが佳境だ。

 まず代表になる条件を説明しよう。男女ともに、9月の世界選手権(カザフスタン)で3位以内に入れば内定だ。その世界選手権の代表は、昨年12月の天皇杯全日本選手権と、この6月に開かれた明治杯全日本レスリング選抜選手権を連覇すれば決まり。しかし、割れれば優勝者同士のプレーオフが7月6日に埼玉県和光市で行われる。代表が世界選手権で4位か5位の場合、今年12月の天皇杯で優勝すれば決まり。別の選手が優勝すればプレーオフ。さらに世界選手権で国別枠も取れない6位以下だった場合、五輪アジア予選からの出直しになる。

 選抜選手権の結果、7月6日のプレーオフでの再戦は男女計6階級と決まった。一番の注目だった五輪4連覇の伊調馨(35)=ALSOK=とリオ五輪金で世界選手権2連覇の川井梨紗子(24)=ジャパンビバレッジ=の決勝は川井が勝ち、プレーオフに持ち越された。

 天皇杯の決勝では残り10秒にバックを取られて伊調に逆転負けしていた川井は崖っ淵だった。レジェンドを怖がって攻めなかったことの反省から「今回は後悔したくなかった」と積極的に攻め、前半に5-0とリードした。終了前は逃げ姿勢になる悪い癖が出てポイントを取られるなど伊調に追い上げられたが、6-4で逃げ切った。

 この大会、伊調は準決勝で至学館大学後輩の南條早映(19)=至学館大=にリードされたが、終了間際にポイントを上げて追いつき同点とした。この場合、最後に追いついたほうの勝利となる規定だ。ただ、筆者にはポイントになる形には見えなかった。