夫の位牌なし、墓なし…介護施設にひとり残された妻は、“制度の狭間”に取り残された

「Getty Images」より

 社会福祉士の吉川美津子です。福祉といっても、高齢者・障害者・児童・地域・低所得者等、さまざまな領域があり、社会福祉士は日常生活に課題を抱えている人などに対し、社会資源を活用して相談・支援を行うことを業としますが、私は「生」と「死」の間に大きな狭間があることを課題として掲げ、「生」と「死」をつなぐ支援に着目して活動しています。長年、葬儀業界に身を置いてきた経験と、現役の福祉職としての現場の実情を踏まえ、実際の事例を紹介しながら、情報をお伝えしていきたいと思っています。

“葬儀にお坊さんを呼ばなかった”

「私は夫をどうやって弔ったらよいのでしょうか?」

介護施設に入所中の坂田信子さん(91歳)は、施設の相談員にこう打ち明けた。

 長年郊外の閑静な住宅地にある一戸建て住宅に夫の和夫さんと2人で暮らしていた信子さんだったが、腰部脊柱管狭窄症の悪化とともに、バリアフリーで身体移動の少ない生活に切り替えるため、都内のタワーマンションに住み替えをした。しかし次第に介護度が高くなり、自宅での生活に限界を感じるようになった。和夫さんも体調を崩すことが多くなり、3年ほど前に信子さんは介護施設への入居を決めたのだった。

 施設への入居が決まってしばらくすると、和夫さんがガンに侵されていることを知る。和夫さんのきょうだいはすでに死去。坂田家側に姪はいるが疎遠のため、信子さんは、亡き実姉の息子である甥の中西陽介さん(70歳)に夫の世話を頼んでいた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年6月29日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。