親の介護30年は普通!親が元気なうちに“絶対確認しておくべき”チェックリスト!

「Gettyimages」より

 昨年9月に総務省が発表したところによると、70歳以上の高齢者は約2618万人に上り、日本の総人口に占める割合は初の20%超となる20.7%となった。5人に1人は70歳以上となり、日本は超高齢社会を迎えたが、30~50代の現役世代にとって悩みの種になるのが、親の介護問題だろう

 平成27年度に算出された厚生労働省の「介護保険事業状況報告」によると、介護保険の被保険者で、要支援・要介護認定を受けた人の割合は65~74歳の場合は4.3%であるのに対し、75歳以上となると32.5%と飛躍的に増加する。親が突然倒れてしまい、いきなり要介護者となるケースも珍しくないことを考えると、求められるのは今のうちからの介護の準備だろう。

 だが、具体的にどんなことをしておくべきなのか。『親が倒れた! 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと』(翔泳社)など介護に関する多くの著書を持つ介護・暮らしジャーナリスト、太田差惠子さんは、介護前の準備として何より大事なのは、親との介護に関する“意思疎通”だと話す。

元気なうちに“どう介護してもらいたいか”と“懐事情”を確認

「意思疎通とは、親御さんが要介護者になったとき、どこでどのように暮らしたいのかをお互いに認識しておくことです。施設介護を検討しているのか、在宅で介護を受けたいのか。在宅希望で子と離れて暮らしているなら子の近く、もしくは一緒に暮らすために引っ越すのか。兄弟が2~3人いるなら誰の近くに住みたいかなどです。弱って病床についてからこういったことを考えても後手後手となるので、親が元気なうちに話し合っておきたいですね」(太田氏)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「総務省」に関する記事

「総務省」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「総務省」の記事

次に読みたい「総務省」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク