東京五輪チケット、全国会議員への“異例の通達”の存在が明らかに

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長の森喜朗氏(写真:AP/アフロ)

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 6月20日、2020東京オリンピック・パラリンピックの日本国内向けチケットの抽選結果が発表されましたね。応募用IDの取得にさえ時間がかかるような大人気の状態でしたが、みなさんは応募されましたか?

 よく「こういうチケットには国会議員の優先枠ってあるんでしょ?」と聞かれるのですが、そのようなものはありません。でも、「国会議員は特別枠で優先的に買える」「五輪議連(2020年東京オリンピック・パラリンピック大会推進議員連盟)の議員には特別枠の枚数が多い」といった噂が流れているんですね。

 五輪議連の会長は麻生太郎副総理、名誉顧問は森喜朗元首相、幹事長は遠藤利明元文部科学大臣、事務局長は馳浩元文科相が就任しています、顧問の議員は10人以上いて、野党の首相経験者も含め、大臣経験者の重鎮たちが名前を連ねています。そして、実務は幹事長の遠藤議員の事務所と事務局長の馳議員の事務所が担当しています。

 その2つの事務所に、多くの国会議員事務所から「チケット確保のお願い」が殺到したことから、遠藤幹事長名で異例の「連絡」が全議員事務所あてに送られたことが明らかになりました。以下は、その一部を抜粋したものです。

「既に報道等もなされていますとおり、衆・参の両議長に対し、森喜朗会長からチケットについてご相談したところ、両院からは、多くの国民の皆さんがチケットがとれない中で、国会議員だけの特別の配慮をいただくことについては辞退申し上げる旨のご回答があったとのことです。このため、誘致や開催準備にご尽力いただいている皆様には大変恐縮ながら、チケット購入については一般抽選販売にご応募をいただく必要があります」


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年6月23日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら