安倍政権の暗部を描いた映画『新聞記者』が物議醸す…テレビ各局も紹介に及び腰か

 7月21日の投開票日を控えて参議院議員選挙真っ只中の今、1本の映画が話題を集めている。6月28日に公開された、松坂桃李とシム・ウンギョンがダブル主演を務める『新聞記者』だ。

 同映画の原案は、東京新聞社会部記者・望月衣塑子氏の2017年の著書『新聞記者』(KADOKAWA)。同書は、菅義偉官房長官の記者会見での質問で注目を集めた望月氏が、自身の生い立ちや安倍晋三政権の問題点について著したものだ。映画化にあたってはフィクションとなっており、権力中枢の闇に迫ろうとする東都新聞記者(ウンギョン)と、内閣府職員(松坂)の対峙や葛藤を描いたオリジナルストーリーが展開されている。

「松坂が演じるのは、外務省から内閣情報調査室(内調)に出向中の若手エリート官僚。情報操作などの意に染まない仕事を強いられ、苦悩するという役どころです。一方、ウンギョンが演じるのは、謎のリーク情報を基に政権の暗部をスクープする女性記者。物語はフィクションとなってはいますが、加計学園の獣医学部新設や財務省による公文書改ざん、元TBSワシントン支局長・山口敬之氏の性的暴行疑惑など、望月氏の著書でも追及されていた現実の問題であることは明らかです。事実上、安倍政権の闇を描いた映画といっていいでしょう。そのため、内容は生々しいの一言。ラストの描写が波紋を呼ぶなど、ネット上で大きな話題となっています」(週刊誌記者)

「報道メディアは権力にどう対峙するのか」を問いかける作品であり、現政権に不都合なニュースをコントロールするというテーマにも切り込んだ『新聞記者』。公式サイトには識者からの映画評が掲載されており、朝日新聞記者の伊藤恵里奈氏は「今の邦画には珍しく、時代の流れに『忖度』せず、現在の日本が置かれた状況に真正面から向き合った映画だ」とコメントしている。さらに、毎日新聞記者の鈴木隆氏も「昨今の日本映画が避けてきた政治という『危ないテーマ』に正面から挑んだ」、ジャーナリストの田原総一朗氏も「面白い!!よくぞ作った!非常にドラマチックかつサスペンスフル!」と絶賛している。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年7月16日の社会記事
「安倍政権の暗部を描いた映画『新聞記者』が物議醸す…テレビ各局も紹介に及び腰か」の みんなの反応 2
  • 偽造捏造安倍晋三 通報

    果たしてこういう骨のある映画やドラマが日本人に理解できるかどうか?

    0
  • 匿名さん 通報

    イオンが作った映画と言われたら それまでだよね

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら