クラシックオーケストラ奏者の過酷な労働事情…3週間休みなしの楽員も!

「今月は20日間も休みなく仕事をしていて、クタクタだよ」

 これは、いわゆるブラック企業ではなく、日本のオーケストラ奏者の話です。もちろん、オーケストラといえども、一般企業と同じように国が定めた労働基準法を守らなくてはならず、違反はできません。

 労働基準法では、1週間の労働は40時間以内となっています。一般的なオーケストラを例に挙げれば、リハーサル日とコンサート日とでは若干違いますが、1日の労働時間は5~6時間です。そうすると、休日がなかったとしても1週間の労働制限の40時間以内に収まってしまいます。つまり、演奏会に加えて、リハーサルや本番回数が多いオペラ公演などでも演奏し、3週間休みなしでぶっ続けで仕事をしても、ひと月に決められた休日数を取りさえすれば労働基準法違反にはならないわけです。しかもオーケストラは、時間が始業と終業時間がきっちりと決まっており、よほどのことがない限り、当日になって伸びたりはせず、基本的に残業はない職業なのです。

 指揮者の僕がこんなことを書いていると、音楽大学時代の同級生や親しい楽員から、すぐにお叱りの連絡が来そうです。

 現場での“労働時間”は法律の範囲内でも、自宅で練習をする時間は含まれていません。ひとつのポストが空けば、100名以上の応募者がオーディションに押し掛けてくるわけですが、そこでやっと合格した新米の楽員でも初日から、演奏したことのない楽譜をドーンと渡されるので、自宅での練習時間を加えれば、労働基準法どころではありません。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年8月10日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら