NHK『だから私は推しました』が絶賛を集める理由…単なるアイドルドラマではない感動作

 今年、ドラマフリークの中でもっとも熱い支持を集めているのは、毎週土曜23時30分から放送されているドラマ枠『よるドラ』(NHK)。事実上、今年新設された深夜帯のドラマ枠であるにもかかわらず、ここまで『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』の2作で熱狂的なファンを生み出している。

 しかも、3作目となる今夏放送の『だから私は推しました』は、『義母と娘のブルース』『天皇の料理番』『JIN-仁-』(いずれもTBS系)、『ごちそうさん』『おんな城主 直虎』(共にNHK)らを手掛けた業界トップの“鉄板脚本家”森下佳子のオリジナル。「深夜帯でありながら、もっとも業界注目度の高い作品」と言っていいだろう。

 実際、ここまで放送された2話には、早くも絶賛の声が集まっている。どんな見どころがあり、どこが優れているのだろうか。

他人の「いいね」より自分の「好きなもの」

 女性が主人公のドラマは、基本的に「女性同士のバトル」を描くのが定番だが、当作は「女性が女性を推す」というレアな形を採用。よくある「男性が女性を推す」「女性が男性を推す」という形ではないことが最大の特徴と言える。

 さらに、その特徴を際立たせているのが、「アラサーOLと地下アイドル」という年齢と立場の異なる2人の設定。まったく接点のなさそうな2人が突然「推す」「推される」関係性となり、数々の握手を通して絆が生まれていく様子は、想像以上にドラマチックなものだった。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年8月10日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら