楽天とソフトバンク、出資先が巨額損失計上…経営リスクに

 米ライドシェア(配車サービス)大手、リフトとウーバーテクノロジーズが相次いで上場した。ライドシェアは、米国で広く普及し始めている。スマホでアプリを登録すると、現在いる場所で配車サービスを利用できる。

 両社とも、未上場ながら想定時価総額が10億ドル(約1100億円)を超える“ユニコーン企業”の代表格だった。

 そのリフトに、楽天は11%出資している。一方、ウーバーには「10兆円ファンド」のソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)が16%出資している。楽天とソフトバンクグループ、投資効果はどちらに軍配が上がったのか。

リフトの時価総額は2.4兆円

 リフトは3月29日、米ナスダック証券取引所に上場した。初値は87.24ドルで公募売り出し価格(公開価格)の72ドルを21%上回った。終値は公開価格を9%上回る78.29ドルだった。

 取引初日の終値で計算した時価総額は約220億ドル(2.4兆円)。短文投稿サイトのツイッター(252億ドル)に迫る企業規模となった。

 リフトの筆頭株主は楽天。上場申請書類による保有比率は13%だったが、ブルームバーグのデータによると、上場時は11.5%。楽天は2015年に3億ドル出資し、その後も持ち分を増やしてきた。楽天の三木谷浩史会長兼社長はリフトの取締役の1人だ。楽天の保有株の価値は約25億ドル(2700億円)となった。

 楽天は携帯電話事業の投資資金を確保するため、上場後に保有するリフト株の一部を売却するとみられていた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ソフトバンク 株価
ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年9月3日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ソフトバンク + 株価」のおすすめ記事

「ソフトバンク + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら